ブログ

余興のネタで感動させようとしてやりすぎてしまうパターン

余興 ネタ 感動
<スポンサードリンク>

余興ネタでは、楽しい思いをしてほしいと思ったり、感動させたいと思ったり。新郎新婦の顔を思い浮かべながら、内容を考えることが多いですよね。

中でも感動させるような余興がしたいと思う人は、案外多いもの。ところが感動させようとして、やりすぎてしまうパターンもありますのでその参考例についてお伝えしていきましょう。

自分が泣いてしまうパターン

新郎新婦を感動させようとして、感動できる歌を歌っていたら自分が感極まって泣いてしまうような場面もあります。ただ涙を少し流す程度なら、それも感動的でしょう。

でも嗚咽のようになってしまい、歌うことが全然できなくなってしまうと、新郎新婦はとても困ってしまいます。そして、ゲストもどうしたらいいのかな…と慌ててしまうでしょう。せっかくの余興が台無しになってしまうのです。

自分が涙もろいというタイプの人は、選曲に気を付ける必要があります。新郎新婦へのお祝いの気持ちで感涙してしまうのならまだあり得るのですが、曲の歌詞に入りこんで泣いてしまう人も。

こうならないようにするためには、事前に曲を選ぶ時に歌詞に対してあまり思い入れをし過ぎないようなものを、余興の曲として選ぶ必要があるでしょう。

感動させようとして言葉が過ぎるパターン

感動させる

感動させようとして、新郎新婦に失礼なことを言ってしまう例もあります。例えば皆で新郎新婦の良いところを言っていくというような余興もありますよね。

この時に、新婦とのとても良い思い出をエピソードとして語る場合も。自分としてはそれに対してとても感動をするのですが、新婦としてはあまり感動しない場合もあるのです。でも新婦にも感動を無理に求めようとして、しつこいと感じさせてしまうパターンもあるでしょう。

しつこいようなことをされると、新郎新婦はとても疲れてしまいます。言われてみればそういう出来事もあったなぁ…とは思っても、結婚式では余裕がないぐらいに色々と考えたりしなければいけないことがあるのです。

これを理解したうえで、感動エピソードを伝える余興をするようにしましょう。新婦を感動で泣かせようとして、目に余るものがあるとゲストも辟易してしまうのです。

ゲストに言葉をもらうパターン

ゲストにインタビューをしていって、祝福の言葉をもらうような余興もあります。ゲストのテーブルを回って、新郎新婦にひとこと!のようにマイクを向けるような余興は、最初はそれなりに楽しいものになるでしょう。

新郎新婦との関係性も分かり、ゲスト同士の交流も深まるかもしれません。でもここで感動させるような言葉をもらおうとすると、ゲストとしてはかなりプレッシャーですよね。

何か感動させる言葉を!と言われても、用意をしていないのでとても焦ってしまうのです。ここで焦っている姿を見て、他のゲストは「今度は自分もこれを求められるのかも」と同じように焦ってしまうでしょう。

和やかな余興だと思っていたら、なんだか強制的だなぁと思い、新郎新婦やゲストは落ち着かない気持ちになってしまうのです。無理に楽しい言葉をもらおうとするのも、強要しているようになりますので、できれば避けたいですね。

それぞれのゲストが伝えたい言葉を言うのがベストです。この方がゲストの気持ちが込められていて、新郎新婦が感動する場合も多いでしょう。

場がしらけてしまうパターン

場がしらける

二人の馴れ初めや、両親への挨拶など。今までの道のりをドラマ化するような余興なら、それまでの道のりを思い出して、新郎新婦が感動してくれるはず!と思うかもしれません。

でも新郎新婦は思い出としてプロセスを思い出すよりも、前を向いていたりこれからの道のりに対しての思いの方が強かったりするでしょう。つまりは今までの道のりをドラマ化したところで、あまり感動をしないのです。

感動をすると思っているのは、独身のゲストの人が考えているだけかもしれません。既婚のゲストから見れば、このドラマでは感動はあまりないだろうと分かるもの。

今までの道のりについて映像を見せたり、ドラマにしたりするのも余興としては良い案ですが、これにより新郎新婦やゲストがかなり感動するだろうとコメントのようなものを熱い思いで語ると、場がしらける可能性があります。

「えっ、これでそんなに感動する?」と思われるような場合もあるでしょう。コメントで熱い内容を言えば言うほど、どんどん温度差が出てしまうので気をつけるようにしたいですね。

余興のネタで感動をさせるには

余興のネタで感動をさせたい!と思う気持ちを持つのは、悪いことではありません。でも何よりも結婚式や披露宴という素晴らしい日ですから、既に新郎新婦は感動をしていることを、忘れないようにしましょう。

このうえで新郎新婦やゲストが、和やかな気持ちでいられる余興を選んだ方が、失敗する確率が少ないと言えるのです。

感動させようと思い感動させるのは、わざとらしくなる場合が多いので逆効果になるかもしれませんね。

特別プレゼントのお知らせ


余興ムービーをスマホで簡単に作成する方法を特別に無料でお伝えします。
結婚する生い立ちムービーを作る二人用に作成しましたがぜひ余興をこれから『頑張る』って、方にも活用頂きたいです。

LINE@にご登録いただくとプレゼントしています。
スマホの方はこちら
LINE@にともだち追加でプレゼントゲット

パソコンの方は以下のQRコードを読み込みください。
結婚式の余興ムービの編集の仕方

素敵な余興ムービーに仕上げたい方へ


余興ムービーを友人のために作りたい方でお時間がない方や
パソコンの編集ができない方はお気軽にご相談ください。

全国どちらからでもご対応可能です。

1ヶ月をきる場合もご対応させて頂いています。

余興ムービー、ビデオ撮影編集 格安

メールでのお問い合わせは以下よりお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせは 0120-689-797 までお願い致します。

「サイトを見た」とご連絡下さい。時間帯は8時~22時まで受け付けております。 加藤が電話に対応させて頂きます。

余興ムービーのお問い合わせ


お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

余興ムービー生い立ちムービープロフィールムービーその他

メッセージ本文(必須)

 
<スポンサードリンク>

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スマホ1台でムービーを作る方法▼

<余興ムービー制作会社>

LINE@で結婚式情報発信中!

友だち追加数 ▲スマホでQRコードを読み込んでください▲

<スポンサードリンク>




ページ上部へ戻る