ブログ

完璧、余興マニュアル。これで失敗しない(準備、手順、当日の流れ)

これで失敗しない!『完璧、余興マニュアル』

◆これで完璧!『余興マニュアル』◆

余興を頼まれたのはいいけれど…
何を?どうやって?
作れば良いのか、困った経験
もしくは、今まさに困っている方いませんか?
そんな方のために、ズバリ「結婚式の余興の作り方」をご紹介します。
困ったときは、この流れで余興を考えてみてください。

■STEP1「余興のマナーを知る」

余興は結婚式を盛り上げるためにも重要な役割をします。
ですが、ゲストを、新郎新婦を喜ばせるためには、 何をやっても良い!ということではありません。

「余興」には、マナーというものがあるのをご存知ですか?
余興は何をしよう?と考える前に、余興をする際のマナーを知っておきましょう!

●余興の所要時間を確認

結婚式の進行の中には、沢山の演出や余興が組み込まれ、分単位で設定されています。
その中で、自分たちに与えられている余興の所要時間を確認しましょう。

●下ネタは避ける

意外とウケる…とはいえ、ここは結婚式の場。
ゲストの中には、年配の方や、小さなお子様もいらっしゃいます。
ここでは、年齢層も幅広く、また色んなゲストがいますので、下ネタや 新郎新婦の過去の異性関係を示唆するような内容は避けましょう。

●身内ウケにならないように

結婚式には、自分たちの関係者だけではなく、幅広い関係のゲストが出席されます。
ゲスト皆が笑って楽しめるように、自分たちの関係者しかわからないような内容は避けましょう。

■STEP2「余興の内容を決める」

●歌いたい!

<注意点・確認事項>
◇結婚式で使用される曲と、自分の歌いたい曲がかぶっていないか確認する。
新郎新婦に何を歌うのかを内緒にしておきたい場合には、会場に直接連絡し、担当者に確認する事も出来ます。
◇カラオケの音源は、自分で用意するのか、会場で用意してもらうのか確認する。
自分で用意する場合には、その音源が会場の機器に対応するのか、結婚式前に確認をしましょう。
会場で音源を用意する場合には、有料の場合もあります。
◇マイクの準備があるので、何人で歌うのかを、事前に新郎新婦に伝えておく、 もしくは会場に伝えておくと当日スムーズにリハーサルが出来ます。
通常2〜3本であれば想定済。
しかし、それ以上の本数が必要だったり、ワイヤレスマイクを希望する場合などは、事前確認が必要です。

●踊りたい♩

<注意点・確認事項>
◇余興するスペースがどのくらいの広さがあるのかを確認する。
最近では音楽シーンの影響からか、ダンスの余興も以前に比べて人数の多いダンスの余興が多くなっています。
皆で一生懸命練習をしても、当日踊るスペースが無かった…なんてことが無いように、事前にスペースの確認をしましょう。
◇着替えが必要な場合には、着替える場所の確保を事前に会場側に伝えておきましょう。
結婚式の最中いつのタイミングで着替えにいくとよいのかなどを担当者に確認するとよいでしょう。
また、結婚式後半での余興の場合などは、余興後、着替えにいっている間に結婚式がおひらきになってしまう場合もあるので注意しましょう。

●作りたい!!

<注意点・確認事項>
◇手作りしたモノを使って余興をする場合には、 その手作りしたモノを、いつ会場に搬入するべきなのか、その際に保管場所があるのか、など詳細を事前に確認しましょう。
◇VTRを作る場合には、制作した映像が会場側の機器で対応可能か否かを確認しておきましょう。
出来れば、仮作成の状態で一度会場で試しておいた方が結婚式直前になってバタバタしなくて済みます。
会場によっては、プロジェクターを使用する場合には、使用料が必要な場合もあります。

●(演奏など)披露したい!

<注意点・確認事項>
◇楽器など演奏する場合には、演奏スペースや、コンセントの場所等を確認します。
また、楽器の種類などによっては、他の披露宴会場との兼ね合いで、 演奏出来ない、もしくは、演奏時間(余興時間)は必要な場合などもあります。
楽器の搬入のタイミング、保管場所等も事前に担当者に確認をとっておくと 当日スムーズに進みます。
◇食べ物や飲み物などを使用する余興の場合には、飲食の持ち込みが禁止の会場もあります。
その場合は、会場側で準備出来る場合もあるので、相談しましょう。

■STEP3「本番までにしておくこと〜本番の流れ」

●事前にリハーサルが必要な場合には、新郎新婦を通して担当者と連絡をとりましょう。
また、内容を新郎新婦にサプライズにする場合には、 担当者に直接連絡をとって、本番を迎える前に実際の会場でリハーサルをしましょう。
●結婚式当日のリハーサル時間を確認する
結婚式当日のリハーサル時間は限られた時間しかありません。
その際、結婚式を担当する司会者や音響スタッフとの打ち合わせが可能ですので、 出来る限り、当日リハーサルをするようにしましょう。
●司会者と打ち合わせをすることをオススメします
台本などを作っているのであれば、事前に司会者用に コピーを準備しておくと、本番何かトラブルがあっても 司会者からのフォローを受けることが出来るので、準備しましょう。

■まとめ■
ゲストや新郎新婦を、笑わせたり、感動させたりと 結婚式を盛り上げるためには欠かすことの出来ないのが余興です。
しかし、余興を頼まれた側からすると…
アイデアを考えなきゃいけなかったり、練習をしたり、 結婚式当日は美味しい食事も喉を通らないくらい緊張してしまうかも… など、沢山の心配事や苦労もあるかもしれません。
でも、アナタに余興という、その大切な役目をお願いしたい!と 新郎新婦は厚い信頼をもって頼んだはずです。
心配や苦労の多い余興への努力は、それも含めて アナタから新郎新婦へのお祝いの証だと心に留め置いて引き受けてあげてください。

特別プレゼントのお知らせ


余興ムービーをスマホで簡単に作成する方法を特別に無料でお伝えします。
結婚する生い立ちムービーを作る二人用に作成しましたがぜひ余興をこれから『頑張る』って、方にも活用頂きたいです。

LINE@にご登録いただくとプレゼントしています。
スマホの方はこちら
LINE@にともだち追加でプレゼントゲット

パソコンの方は以下のQRコードを読み込みください。
結婚式の余興ムービの編集の仕方

素敵な余興ムービーに仕上げたい方へ


余興ムービーを友人のために作りたい方でお時間がない方や
パソコンの編集ができない方はお気軽にご相談ください。

全国どちらからでもご対応可能です。

1ヶ月をきる場合もご対応させて頂いています。

余興ムービー、ビデオ撮影編集 格安

メールでのお問い合わせは以下よりお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせは 0120-689-797 までお願い致します。

「サイトを見た」とご連絡下さい。時間帯は8時~22時まで受け付けております。 加藤が電話に対応させて頂きます。

余興ムービーのお問い合わせ


お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

 余興ムービー 生い立ちムービー プロフィールムービー その他

メッセージ本文(必須)

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スマホ1台でムービーを作る方法▼

<余興ムービー制作会社>

LINE@で結婚式情報発信中!

友だち追加数 ▲スマホでQRコードを読み込んでください▲
ページ上部へ戻る